観劇記録

【DVD】演劇集団キャラメルボックス「裏切り御免!」

裏切り御免!‐感想‐

作・演出:成井豊+真柴あずき

桜田燐

何というのでしょう、感動ものなんですけど、実際感動したんですけどいくつか見たキャラメルボックスの作品とはまた違っ た感動を覚えました。直球で言うと龍馬がめちゃめちゃかっこよかったです。 歴史は苦手な方なのですがそれでも坂本龍馬 がどういう人なのかは知っているぐらいで、他団体或いは大河ドラマでもよく題材として扱われていると思います。例えば大河ドラマに出てくる坂本龍馬はとても印象強く他の武士と一線を引く人物だと(実際にそう習いましたし)そういうように描かれていると思います。その坂本龍馬がかっこよく見えるのは元々の人物である「坂本龍馬」その人が作品にも取りあげられ ている策を掲げ周りに影響してきたからで、何よりも飄々とした人柄を買われたのも理由として必ずあると思いますし私も魅力的に感じました。何が言いたいのかと言うと、それでも岡田達也さん演じる龍馬はかっこよかったということです。私は半ば歴史の勉強をしているような感じで見ていました。絶頂期のその後は幕府は廃れ、そうか 当然その隙を突く奴も出てくる よな、そうなったら密偵を遣わすよなと。調査するよなと。幕府方浪人方で全く同じ思想ではできあがっていないように、集団がクローンでできてるわけはないなと思いました。何だかそう思うと幕府にも勝海舟のように幕府に属しながら幕府に対して異を唱える人もいれば、相対する藩やそういった浪人の人達の中にもその集団心理的なそれに対し賛成していない人もいた のかなと思い、一種の洗脳じみたものを感じました。そういうご時世ですから、自分をとり囲う状況に背向く人あらば敵と認識されまずただじゃ済まない。その”状況”からすれば敵一人で壊滅しかねませんから、それぐらい重要視していたのだと伺え ます。何でしょう、基本あまり恋愛もののお話に靡かないのですが、キャラメルボックスのお話に出てくる恋愛に関する場面 は見ていると応援したくなってきます。不思議です。あからさまではないからでしょうか。思わせぶりというか狙ってる感じ というのは個人的に好まず、恋愛恋愛していないところが私の中でヒットしたと言いますか、観客なのに見ているだけで運命 を感じざるを得ないところがそう思わせているのかなと考えています。あまり 「!」 のつくタイトルというのも珍しいなと 思っていたのですが、衝撃でした。直球で、何だか坂本龍馬という人物を表しているようでなりません。強さと優しさを感じ 、ますます龍馬に関する作品をもっと知りたいと思えました。