観劇記録

【近江演劇祭】朗読の会「言野原」高瀬舟・詩集

言野原-感想-

原作:森鴎外 脚本・構成・演出:佐治洋子

森本聡生

森鴎外の名作高瀬舟をどういう風に表現するか、とても楽しみにしていました。結果、素晴らしいものが観れて大満足でした。高瀬舟のテンポはとても良かった。初めから終わりまで飽きることなく楽しめた。何よりも血の表現が美しかった。あの発想はなかったですね。鳴り物が生演奏だというのもとても魅力的でした。舞台に立っている俳優の言葉を語る技術力はとても高くストレスなく言葉を聞き取ることができました。後半の詩集のパート、色々な題材を扱って、日本語の美しさが紡がれて行く様は必見だった。要所要所に入る舞も素敵で魅了された。ただ一つ思ったのは、一つ一つの詩が終わる度に物語が終わってしまうというところだろうか。一つ一つが独立している気がした。これが全て連続した物語に繋がっていればなぁと思った。それでも、美しい時間が劇場中を支配していたのは間違いないだろう。是非、また観に行きたいと思う。

須藤敦史

今回の作品で朗読劇というのを初めてみましたが、今回見てきた近江演劇祭の中では1番印象に残ったと思います。森鴎外の内容も何となくわかってたのですが、2場面は正直に言うと、少し見ててしんどかったです。暗転が多かったのと、所々に「舞」って言うんですか?その舞がありましたので、朗読作品のひとつならまだ分かるかもしれないですが、ちょっとそこは勉強不足なので申し訳ないです。綺麗なのは綺麗だったのですが、場をつなぐ舞だとしたら省いてもよかったんじゃないのかなと思います暗転に関しては、なくてもよかったのかなと思います。ですが、見てて心地よかったのは今回の作品でした。

桜田燐

朗読劇というものを人生で、しかも生で見たのが初めてなのですが、とても面白かったです。物語が進んでいくというよりかは演者の皆さんが物語というか物語の流れそのもののように感じられて、不思議な感覚でした。全員が物語にそって進むのでなく、全員が物語になって進んでいくと言った感じでしょうか。個々として存在するのでなく、一つの纏まった存在としてあることによって客席に向かって放出されるというか、まるで私もその近くにいて海の音が聞こえてくるような、風の流れが分かるような、景色の流れを追っているかのような、それらをさも肌で感じているような気がしました。話が緩やかに、しかしテンポよく進んでいくので一時も目が離せず、というよりかは自然と舞台全体に注目していました。途中鳴る太鼓やその他楽器などが、その物語が今目の前で繰り広げられていることに対してより幅を増すというか、我々に対して現実味を与えるというか、うまく言葉にできませんがそのような感覚になりました。みんなで唄って舞う(踊るよりかはこっちかなぁと)場面等は、扇や傘などを使いとても嫋やかに舞っていて、とても心地がよかったです。私はあまり詩を知らないので物語を聞き楽しませていただきながらも追うのに若干必死だったのですが、唄や舞が心に程よく落ち着きを取り戻させてくれました。見ていてとても綺麗で、見蕩れてしまいました。高校の時に舞台で舞をやったことがあるのですが、傍から見ると扇ってあんなに綺麗に見えるんだなぁと思い小道具の持つ舞台での役割というものを改めて重要視するいい機会にもなりました。たくさんの詩があったため途中よく分からなくなった場面もあったのですが自然と物語に引き込まれて行き、不思議な感覚がその時自分の中にあったことを今やっと認知することができました。次の詩も予定さえ合えば是非見に行こうと思います!めちゃめちゃ面白かったです!!

大川朝也

めちゃくちゃ面白かったです。読もう読もうと思って買い、積んでた『高瀬舟』を本より先に朗読劇という形で観ることができるとは思いもよりませんでした。文で読むとまた違った考察が浮かび上がってくるかと思うので劇を観たままのみの感想を書きます。とにかく第一部と第二部とのギャップがめちゃくちゃよかったです。第一部の高瀬舟は「考え」させられ、第二部は「感じ」させらました。高瀬舟に乗せられた弟殺しの罪人と護送の同心のお話。普通の人からすれば遠島に流されることは恐ろしいことなのに、弟殺しの罪人・喜助はとても嬉しそうで、それを見た庄兵衛は不審に思い理由を聞く。その理由は働き口が用意されていて、稼いだお金は全部自分のものにできるところが嬉しいのだという(大雑把に書くと)。また弟を殺したのも、本当は病床に伏す弟が楽になりたいと言い自分に刃物を刺し、喜助はその刃物を抜いただけ。このお話を観てどういうことを伝えたいのかと考えたとき、まず安楽死について。刃物を抜いた喜助は本当に罪人なのか?苦しんで死んでいくのを見守るより、刃物を引いて楽に逝かせてやることが優しさなのではないか?僕が喜助と同じ状況になったとき、僕はどうするだろう…?そんなことを考えれば考えるほど頭が痛くなってきました(笑)でも、きっと喜助と同じことをする(せざるを得ない)と思います。ってか今も少なくとも10分くらいは考えたので弟は少なくとも腹に刃物を刺したまま10分は苦しみましたね。ごめん、弟。また、もう一つ。喜助と庄兵衛との比較。これも見せたいものの一つかなと。小さいことでも幸福を感じる喜助と、現状に満足していない庄兵衛。人の無意識にある「もっと上がほしい」という永久に続く欲を書いてるのかなと思いました。第二部では春を感じるような詩や戦争に夫や息子を連れていかれる母の悲しさ。そんなものを感じさせる舞台でした。書いてて思ったのが「女性」の気持ち(もしくは心の声のようなもの)をテーマとして一貫させてたのかなとも思いました。時間が空いたときに高瀬舟読みます!