稽古日誌

稽古日誌2019年6月15日

森本聡生

絶賛コンディション不良でございました。気圧の乱高下。あと4月からの無理がたたって遂に体調を壊してしました。体調管理も仕事のうち。気をつけていかないと行けないなぁと猛省しております。そんなこんなで本日も見学者の方がやって来てくださいまして、一通り劇団さあもんの稽古と雰囲気を体感してもらった上で入団したいかどうかお聞きしたところ、新しい仲間がさあもんに入って来てくれました。これで11人目です。クラブチームさあもんとしてサッカーの試合ができるようになりました。いつかどこかで劇団対抗のサッカー大会が行われることを信じて、練習に励んで行きたいと思います。閑話休題。そんな冗談は置いておいて女性の方です。さあもんは圧倒的男率が高かったので、まさか女性人気が0の劇団なのかと不安に思っていた所でしたのでとても嬉しいかぎりです。またこれで少し雰囲気が変わっていくだろうなと思いました。自分で言うのもあれなんですけどいい稽古でした。というか森本体調崩して居る時の方がいい稽古出来てます。(普段は力みまくってるんだと思います。反省です。)少し一歩引いた所でみるというのも大切だなと思いました。あ、ダメですね本日は。頭回ってないんでグッチャグッチャの文章です。兎にも角にも次の稽古にも見学者の方が来ます。さあもんの勢いはどうなっていくのでしょうか。乞うご期待を。ちなみに全然関係ないんですけどいつも稽古日誌の一番上に出てくる画像は森本が撮った写真だったりします。※写真撮影の仕事もやりますよう

桜田燐

今日は神回でした。神回。気圧のせいですかね。私はそれもあると思ってますが、何よりも見学者、いえ、新団員が来てくれたからだと思います!女性!やったー!!!私は叫ぶ!!!
その方にも色々していただいてましたが、かなり刺激を受けました。正直。あとそういさんに「技術的に外してみたら?」と言われて少し考えていたのですが、なるほど確かに読む練習というのを一人でしてた時は、展開が分からないのでただ必死に台本に沿って突出しないことばかりやっていたなぁと。むしろそれのお陰もあってか何となく台本を再現する言い回しだとかが見えやすくはなってたので、そこにきてのそのアドバイスは『うぇい』と思いました。あとあと、稽古前に芝居を見てたんですけど、その中で一人だけ役者さんがこれでもかってぐらい自由にしてらしたので、私の中で「やりたい!」が強くなっていくのを感じていました。今日は雨が降ったかと思えば止んだりと気圧の高低差が激しかったため一日屍だったんですけど、相まってかいつもより余計なことを余計な方向に考えてなかったのかもしれません。
女性!見学者!じゃないNEW団員!よろしくお願いします!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

まほ

見学から、入団させて頂きました。「演技って、いかに上手に嘘を吐くか」なのかなぁというイメージがありました。ですが、実際にお稽古をしてみると、普段、わたしがどの様に生きているのかが、顕著に現れるものなのだと痛感しました。だから、楽しいゲームの様な事も、その場で何気なく生まれる会話も、すべてに意味がある。演じている人を観た時、これまでは「お客さん意識」だったのが、「わたしならどう演じるのか?」という意識が加わりました。本日得られたものは沢山ありますが、一番実感した事は、わたしの意識の変化です。技術的な事はまだ全く判りませんが、まずは意識的に、色んな事をどんどん吸収していきたいです。

あっくん

本当にこの日を楽しみにしてました!(笑) 今日が正式なメンバーになって初めての稽古だったんですけど、めっちゃくちゃ楽しかったです!! 最初6時間長いなって思ったんですけど、見学者から新メンバーになったまほさんとも良い雰囲気を作れたこともあり、あっという間に終わってました(笑) ワンワード縛りは、つっじー(辻合)さんの発想もあるんですけど、前回よりも遥かに上手く出来たと思います。しかし、モノローグを読むという練習で、イマイチワンワード縛りの時には出せてた自分自身を出せてないなと、本来の自分を殺してしまっていると思いました。
だから今後の課題は、モノローグを読む時に自分自身を出すこと。そして今回よく指摘を受けた立ってる時の姿勢を正すことですね! あそこまで自分の膝を呪ったのは初めてです…(笑)
さあもんはこれで11人!! これからもさあもんが大きくなると同時に、自分自身も大きくなっていきますんでよろしくお願いしま~す!!(笑)

辻合直澄

遅れての参加になりましたが今日はいつもより長めの稽古でした。時間がある分できることが多いのでとても充実してました!まほさんが新しく加わりまた新しい形のさあもんになりました!まほさんよろしくお願いします!最近はモノローグやワード縛りに徐々に慣れてきているような気がします。これの良し悪しは分からないけれど少しでも前進出来たような感じがして嬉しく思います。演技は三振かホームランという話がありましたがそういう意味では自分はどちらでもないと思うので目的を持つことを次の課題にします。劇団さあもんのメンバーがいい方向に向かうことが自分の成長にもつながる!今日はそんなことを感じたいい稽古でした。

雪上陽生

新たな見学者(11人目の鮭、まほさん)が来てくださりました。とても明るい方で凄く楽しかったです。何もかもが上手く進みすごく良い雰囲気で稽古が出来たせいか、今まで気づかなかった事を発見したり、上手く出来なかった事が出来たりと、とても内容の濃い意味のある稽古が出来ました。言葉に表せないほど今日の稽古は上手くいき、今でも興奮が収まりません。毎回の稽古で今日みたいに新鮮な気持ちで、失敗を恐れず思いっきり、頭を働かせて、楽しく出来るようしていけたら良いなと思います。そうすれば僕もいつか将棋盤が見える日が来ると信じています。

大川朝也

密度が濃く、多くの発見が出来た回だと思います。自分の課題が見えてきました。それに稽古の前半と後半とを比較し、自分も含めた全員の成長を感じることができました。みんなキチンと自分の課題に向き合い、人の芝居を見て自分なりの評価を伝えることができる。また、自分がした芝居の評価をしっかり受け入れることができる。めちゃくちゃいい稽古だったんじゃないかと思ってます。

須藤敦史

自分の中で奮い立つ瞬間が何度もあった稽古になったと感じました。今日はあいにくの雨だったので、イマイチ調子が上がったりすることが出来なかったりしたのですが、今回入ってくださったまほさんを始め、色んな方からとてつもない刺激を貰いましたので、雨に負けてられないし、全員に負けてられないなという思いが出てきました。口癖のように言うかもしれませんが、まだまだ自分自身、課題が山積みです。1歩踏み外したらみんなに置いていかれると思っているので、次の稽古も雑草魂で頑張っていきます。