観劇記録

劇団伽羅倶梨スタジオ公演Vol.38『希望の扉をノックしろ。』

劇団伽羅倶梨スタジオ公演Vol.38『希望の扉をノックしろ。』-感想-

作・演出:徳田ナオミ

須藤敦史

今回の作品はヒーローを題材にしたテーマなんですが、老若男女問わず楽しめる作品でした!無駄がない場点のタイミング、音響のタイミングの完璧さ、小道具が生きてたり、作品の充実度、3000円で観劇できるのはすごく嬉しいと思いました!1番勉強になったのは、役者の皆さん(キャラクター)が、全員目的を持ってアクションを起こしているところがものすごく勉強になりました!感情で動いてなくて、洗練されたセリフ回し、セリフの一つ一つの意味を持ってアクションを起こしていましたので、例えるなら芝居職人ですね(笑)あの芝居は長年やらないと手に入らない技だなと身に染みました(^ω^;)
その分凄く刺激になりましたし、とてつもなく勉強になりました!