観劇記録

【近江演劇祭】演劇集団ビワコボスゴリラ「はじまりの夜」

演劇集団ビワコボスゴリラ「はじまりの夜」-感想-

脚本:ボイラー 演出:しおみひとみ

須藤敦史

学生時代の思い出を思い出させてくれたりした作品だったので、僕の心がくすぐったかったです(笑)ダンボールの配置もなかなか絶妙なところに配置していたりしてたので、すごく細かいところも配慮してたんだなぁと思いました。芝居の評価って、結構個人差が出たりしてたのですが、(本番前だったので緊張で感想を言うどころじゃなかったのですが💧)会場はどんとウケていたので「あ、同級生にこんなヤツいたなぁ」って感じで見ていました(笑)だからこそ勿体なかったなぁと思ったのは、もう少しだけ葛藤する場面等が見えてきてたのかもしれませんが、台本の中で起きている葛藤を見てみたかったなぁと思いました。自分の中では、台本の外で葛藤してた感じがしてたので、ちょっと、勿体ないなぁと思ってしまいました。あ、プリンが美味しそうでした。