稽古日誌

稽古日誌2020年3月1日パート②

月瀬 幸

3月!!3月!!!
もうすぐ春だ次は夏だ!!!
はやく!!夏!!!

今日はいいこと教えて
いただきました。
調子が悪い時、台詞を
引いて読んでしまうそう。

無意識にそうなってるって
ことは、
本当に意識して直さないと
ダメだ!ってことだ!

最近人の演技みてて
自分の自信がなんかちょっと
ちょっとずつ
なくなってる気がして、
う〜〜〜ンンンンンンンン

ブレブレなのかなぁ
知識と練習が
足りないんだろうな。

他人を羨ましがっても
何もうまれないのに!

練習!!!!!!!!
しよ!!!!!!!

藤井 駿

今日初めて大阪城を生で見て、「俺も足軽から太閤殿下になった秀吉みたくビックになるぞ!」と心の中で叫んだシュンです!

今日は少ない人数でしたが、濃い稽古ができたと思います。僕の場面ではありませんでしたが、大きな声を出さなければいけないシーンがありました。地声がELTのいっくん並みに小さい僕には結構ハードでした。

こういった時、僕がよく使う方法があります。自分で演じるのが難しいと思ったら誰か違う人の人格を借りてくる方法です。

この場面では「当たり前じゃねぇからなこの状況!!!」でお馴染みの加藤浩次さんを召喚しました。すると自然と大きな声がだせました。皆さんもぜひ一度お試しください!

そして、自分の場面も流してもらいましたが、一本目、硬い感じになってセリフもぎこちなかったです。あと前にも教えてもらったんですが、手を放り出してると、勝手に手がタップダンスする癖があるようです。💃

そこで二本目は上やら下を向いて目線を外してみたり、ちょっと動いてみたりして、手はズボンのポケットに突っ込んで演技をしました。

すると演技にも身が入って自然体で演技できました。やっててすごく楽しかったです。やっぱり演劇は楽しんでなんぼですね!

P.S. マスクもないけど、そろそろトイレットペーパーがヤバい!こりゃ葉っぱ集めてくるしかねぇな?!