稽古日誌

稽古日誌2020年2月10日パート①

須藤 敦史

あつおやで!

今日の稽古は自分自身。苦しんでる時の自分が戻ってきたなという印象です。
エチュードで展開することが出来ずに終わり。
何かと自分自身のコンディションが上に上がらなかったり、あれこれそれをやろうとしてしまっていたと思います。
仕舞いには台本稽古では何故か無意識に怖がっていて、もんのすんげぇしんどい一日でした。
台本稽古の時、完全に自分の中の空想の物を持ってきたり、嘘をついていたりしてたので、真面目にやってたんだなぁと感じました。

幸せは〜歩いてこない、だから歩いていくんだね〜1日1歩3日で3歩3歩進んで2歩下がる〜♪♪

あつを

鳥井 優

なんだか演じ切れなくて納得が行かなかったです
自分の中で思うイメージとやった時の結果が違くてコレジャナイ感が半端じゃない
相手とのやり取りとか動きとか、その時の起こった事で違ってくるのかな、どうなのだろうか?言えるとしたらコレジャネェ!
自分を守ってる範囲で動いてるのかも…!と思いやした。
ここだけの話
人一倍防衛本能が強いんすよ!…神社に行く度に「人類滅亡しても俺だけは生き残ってますように」と願ってます。はい嘘です、そんな訳ねぇだろ

そんなこんなで試行錯誤して模索しながら自分の中での新しい発見を探して行かねばと思った今日でした
あと台本な読もうな(戒め)
マジで入れてない
頑張ります

小川 千穂

明日が祝日だということに仕事中に気づいた。
大学生までは祝日だろうが殆ど関係なく
授業があったので祝日のありがたみを感じる。
今月はもう一日祝日があるが
その期間に漠然と計画されていた、
サークル時代の道具界隈での旅行計画は
全く立てられる気配がない。
当日本当に行くのかがもはや楽しみだ。
(恐らく9割5分行かない。)

さて、今日も今日とて見学者が見えた。
自己紹介やマジカルバナナ・数字飛ばし等で
頭や体を徐々に働かせる。
マジカルバナナについては
私自身 割と不得意ながら
見学者が来る度に一緒に鍛えてる感覚に。
久々にエチュードもあった。
台本稽古でも同じだが、
人が演じてる姿や
その後のフィードバックの内容から
吸収できることも多い。
しかもそのまま自分にも適用できるかというと
そうとは限らないところも面白い。
ケーススタディのようなものだろうか。

休憩時間中にあつおさんと
フィードバックについて話した。
個人的にも今日は他の人の動き等を観る時間が
比較的多く、考えることも多かった。
ついつい「こういうところが違うんよなぁ」で
終わらせてしまいがちだが、
もし『違うって何さ』と思わせてたら、
「『違う』の先(内容)が知りたいのに…」
と思わせたまま終わらせたら、
困惑させてしまうだけになってしまう。
人が本当にそこまで突き詰めて話したいのか否かは
何とも言えないが、
それこそそこまで考えて会話できたら
理想的だなぁ、と思う今日この頃。