稽古日誌

稽古日誌2020年1月18日パート①

桜田 燐

年始、またまた悪い所が垣間見え侍。

いつもの私ならまずエチュードで相手のオファーを断るだろうと考えてとにかく受けたはいいけどそこから相手が何をするかにボール全投げ高殿。無意識に思考を放棄する、この、これ。学べ桜田。それはやり尽くしている。いやー、伸び代ですね!スーパー伸び代ホッピングタイムですね!!

場を見る目を養おうね桜田っち!とほほ!

ってなわけで台本の第一稿(イザナミ)をみんなで読み合わせ、配役され、座り稽古もなんですので立ち稽古。これは大波乱の予感。わくてか。掻き乱す役が楽しすぎて自分の役割を忘れる、ほんと、そういうとこやぞー…やぞー…。いやまじでこういうとこ。まあ、伸び代ってことで!

さあもんは人数がいるから、そのヒューマンハードパワーを極めていけるかがかなり楽しみです。圧倒的圧力を高めて行ければと。

私も私で、相手役に劣らぬ圧倒的全力パワー〈オルタナティブ〉でぶつかっていければ。

え?反転する必要はあるのかって?好みだよ!

どんどん色んなことを研究していかねばなと、しみじみ蜆汁を飲みながら身に染みて感じているのだとさ。言いにくいね。

鳥井 優

ドゥモ!トリトンでぇす!

なんだか久し振りにな気がしますね?みんなお待たせ!(待ってない) …はい、知ってたよ(真顔)

はてさて!今回何ですけれども

気づきと発見が多い稽古でした。

特にエチュード、久々なのもあってか全く持って空回りの連続、何故だろう?と考えた末に分かったのが前回の公演を踏まえ「リードをしなきゃ」という意識が強くなってるのを感じました、やり取りをする上で自分発信しか出来ず、結果相手との間に協力関係がない

これはもう練習の反復で実感を掴み取るしかねェ!が過ぎるんです(日本語ブレブレ)

あー悔しいなぁ?次はもっと動くぞ(戒め)

思考も放棄してたので脳味噌もフル回転でな

頑張るぞい! あー悔しい悔しい

今夜はほろ酔いを片手にプリズンブレイクを見ながら寝るとします。

それでは!ドロロン

森本 聡生

第五回公演の台本の第六稿が何となく完成。分量的にはあと三倍?増える予定です。

うずめでこれだけの人数を出演させるのはかなり挑戦的。でもこれぞ森本であり、劇団さあもんだなと言う感じがしてる。

ここ最近はどんどん保守的になってる自分がいて少しつまらなかったけど、ようやく楽しくなってきた。

そして皆がドンドンズンズン上手くなってる。凄い!稽古した分だけ上手くなってる!

もっともっと質の高い稽古場作りを!もっと安心できる環境作りをしていきたいと思いました!

自分自身も成長したい!