稽古日誌

稽古日誌2020年1月15日パート②

小川 千穂

昔から鏡が怖い。

個人的には、鏡は対象物を

そっくりそのままに映さないと思う。

しかもちょっといいようにも悪いようにも

映す可能性がある。

どちらに転ぶかは分からない。

まあ、どちらかと言えば

そっくりそのまま映していても

人間の認知や先入観等の加減で

見え方をねじ曲げているとも思うが。

大学時代に何故かずっと考えていたことだ。

…何の話だったんだろう。

さて、本日の稽古は聡生さんも復活し、

前回とはうって変わって賑やかな空間だった。

ペアになって2分間ただただ対話する。

観客側は内容の聞き取りに意識を傾ける。

やっていること自体はものっそい単純で

日常生活で行うことと変わりないが、

どちらが話題を振るか、

どれだけ相手の話を聞けているか、

ぎこちなくなっていないか…etc.

いざやってみると考えてしまう。

だが、普段のエチュードとは毛色が違い

興味深いなと思った。

その後は全員が入れ替わり立ち替わり

入ってのエチュードを数パターン。

ひたすらカオス空間で、

いま振り返っても出来事が多すぎて

よく分からないのだが、

対応力の偉大さを感じた。

稽古終わりにお凉さんと穏やかに話した。

のんびり考えながら話すわたしの話を

丁寧に聞いてくださるので、

途中 哲学チックな話にまで突入したが

他愛もない話も真面目な話もできる人が

いる環境を大切にしたい今日この頃。

ひなた

皆さんこんにちは🙂

稽古に参加するたびに違うメンバーが集うので

毎回違う雰囲気で新鮮に稽古が出来るのがうれしい😊

体力も最近はついてきたから

最後まで少し元気なのも嬉しい変化かな😊

また来週〜🙌

新界 友梨

外部出演する公演が今週末に迫り、焦っている新界です。

劇団を飛び出して、別の団体の公演に出るということで緊張が尋常じゃないのですが、公演を楽しみながら、共演者の良いところを吸収して、劇団に還元できたらいいなと思っております。

今日の稽古は、エチュードでした。

まず、2人1組になってエチュード。

次に入れ替わり立ち替わり数人でエチュード。

とにかくエチュード三昧。

何が起こるかわからない。それがエチュードの面白さであり、怖さなのですが、終始みんな面白いことをしようとしてたので、笑いすぎて困る稽古でした。

私も、もっと面白く動けるようになりたいと思いました。

それでは!