稽古日誌

稽古日誌2020年1月11日

大川朝也

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

実は今年初の稽古です。

今年一発目の稽古はまさかの体調不良。

前々回は野暮用でお休みしてました。

体調不良。

ビックリしました。

稽古の前日に急に寒気がして、熱を測ると38.6℃。節々が痛いし咳も出るので「あ、これインフルだわ」と観念してました。

まあ結果はインフルじゃなく普通にしんどい風邪だったから良かったです。

あとこの日は胃カメラと腸内カメラもしてきました。

ちょっと汚い話ですが、昨年の終わり頃ほんの少し血の混じった便が出まして、病院に行ったところたまにある事だから心配はいらないと言われましたが、まあ一応と。

ちなみに結果は今は特に問題なしとのことでした。そう、「今は」。

どうやら過去に十二指腸潰瘍を起こしてたみたいで、それが治った痕跡があるとのこと。

どうやらピロリ菌が悪さをしてるみたいでそいつらをやっつけるお薬を飲んでます。

そのピロリ菌のせいで胃も少し萎縮してしまってるそうな。

う~ん、怖い。

その薬でピロリ菌は大体死んじゃうからそこは全然怖くないんですが、病院に行っといてよかったと思います。

血便が出た時も死ぬほど調べて、確かに「大丈夫」って見たので病院に行くのやめようと思いもしました。病院に行って、「大丈夫」と言われて胃カメラはしてもしなくてもいいとも言われました。でもやっといてよかった。「人生なんでも経験」の気持ちで挑めば新しい世界が見えることがあります。

演劇に対してもこのような姿勢で臨んで行きたいです。

年始にこんなことが起こってしまいましたが、こんなことに負けず、今年一年も走っていけるといいなと思います。

では今日はこの辺りで。

今年一年も大川朝也と劇団さあもんをよろしくお願い致します!

・・・あれ、これ稽古日誌か?

新界 友梨

今日は長丁場の稽古でした。

実は入団して初めての長丁場の稽古。今までは平日ばかりだったので、短時間の稽古だったのです。

まずは筋トレ、ストレッチ、発声練習に始まり、世の中にある事象に名前をつけ、それを元にエチュードを考えたり、接続詞が書いてあるカードを引いてみんなて1つの物語を考えるということもしました。

あとは、ワンワードやジェスチャーゲームなどもやりましたよ。

もちろん、台本稽古もやりまして、5月公演の候補の台本を順番にみんなで読みました。

当たり前のことなんですが、書き手が変わると台本の雰囲気もガラッと変わるんだなと。

どうなるんでしょうね。5月公演。今からワクワクです。

以上、盛りだくさんの土曜稽古でしたー!

小川 千穂

少し前の話だが、

釦のサンプル帳を2冊買った。

仕事柄 勉強のためのつもりだったが

気づけばただ眺めるためだけに

見るときもある。

整然と並ぶ釦がひたすらかわいい。

さて、本日の稽古は長丁場だったので

自然と内容も盛りだくさんだった。

接続詞の書かれたカードを順に引き、

それを用いてみんなで話を作るゲームや

世の中の正式名のない現象・事象に

グループ毎に名前をつけるゲーム、

ワンワードやジェスチャーゲーム等々、

台本稽古以外のゲームをやった。

ゲームの間にある程度団員が集まって

5月公演向けの脚本候補の

読み合わせもあった。

いままでの公演や3月公演向けの脚本

とはまた違った雰囲気の脚本で

新鮮な気持ちで楽しめた。

前述の通り 長い時間の稽古だったので

消費したエネルギー量も比較的多く、

家に帰る頃にはもう

眠たくて仕方なかったのだが、

大学生時代のサークル活動のときの

エネルギーの使い方とは全然違い、

いい意味で充足感が大きい

と感じる今日この頃。