稽古日誌

稽古日誌2019年12月4日パート②

おでん

寒いですヨ!

今日は初めて、余計な緊張感はだいぶ減った状態で必要な緊張感だけを持ってできたと思います。

この状態とガクガクブルブルな状態と比べると、もう一目瞭然です!

なにより集中しやすかった気がしました!

そして、余計なことを考えなかったです。

身体と顔があまり硬くなかったのも嬉しかったです。

みなさんのおかげで、稽古場は失敗をしていい場所という意識が少しずつ染み付いているのかなと思いました。

この感じを忘れたくないです!どうしましょう!笑

もっともっと燃えます。炎です。

そして、めっちゃ笑いました!

笑いすぎて何に笑ったのかはあんまりよくわかりませんが、顎が痛いです。笑

残りの時間、出来ることに全力を尽くします。

鳥井 優

なんだかご無沙汰で新鮮さを感じる今日この頃トリトンでぇす!☆(真顔)

はい、何だか久しく思いますね、うん?今同じ事2回書いたな。疲れてるんです察して下さい(知らんがな)

余談何ですけど今日の稽古で普段から抑えてた素が出てしまってクソ笑って少し顔が痛いんですよね

はい滑りました!!ええんやで!!

という訳でですね!書く事がジーパンネタ(内輪)以外に思いつかないのでココ最近の演劇に対する思いを書いていきたいと思います!

~振り返り~↓

3週間前に演技が上手く行かない自分にぶち当たって色々と試行錯誤してたんですよ、結局納得の行く答えが出なくて演出の方やその他諸々に聞いて意見を咀嚼して砕く作業を繰り返していました。

それでも分かんねぇ!が強いんです、どれだけ頭を捻っても出てこない、寧ろ悩みに悩んで頭痛が酷くなる

ふとここで脳裏によぎったんです

「あ、リセットしよ」

その後演劇そっちのけで遊びまくってました💃💃

悩んで詰まって考えまくるともうええわ思考に陥る悪い癖があってですね、パンクする前に1度離れるんですよね

ほいで再挑戦したらあらビックリ、色んな視点で物事が見えて捉えられるんですよ!!

ざっくり言うと「何かをする」という使命感が邪魔をしていて、ほんとくそどうでもいいことで悩んでるなと

「何がダメで何がいけなかったのか」という問題もあって結局は、それもその場その時で上手くいっていなかっただけ。

長い目で見ろとは言いますがまさにそうだなと!

稽古はその場その時で変化するし演じ方も異なってくるという考えを持つようになりました。

要するに「上手くいく以前に分からないじゃん!なら失敗覚悟で楽しもう」という結論に至って今があります

これが良いのかは分かりませんけどクソ楽しいです

全然関係ないんですけど一昨日バンドやってる友達が大阪に帰ってきて弾き語りをしたんですよ!

歌い方クソつまんねぇな?ってなってアクセントとか抑揚を変えて!したら変化がすんごい面白くて!!

実は今日稽古でそれを試してみたんですよ。めちゃおもろい、間も変わるし意味合いも変わる。

そんな変化を噛み締めて楽しんでました

またやりてーなー

須藤 敦史

どうも。あつおです。

久々に稽古日誌を上げるので手を震わせながら書いてます。

皆さん、体調は大丈夫ですか?

僕ですか?あ、僕は微熱なので大丈夫ですよ。

芝居は体調管理もしっかりしておかないとパフォーマンスも出来ませんからね。

今日の稽古に来るまで、芝居というのは怖いものだと思ってました。

どれくらい怖いと言いますと、公園で野球をしてホームランを打ったら隣人の窓ガラスにボールが直撃して、隣人にめちゃくちゃぶち切られるくらい怖かったです

でも今日の稽古を通して思ったのが、芝居は怖くないんです。芝居って楽しいんだなって思いました。だから、その分悔しいです。それに気付くのが遅かったのが悔しいです。

でも、悔しくないと芝居って出来ないですからね。反骨精神がなかったら芝居って出来ないですからね。

だから、僕は思いました。ただ一言さあもんの皆に言いたいです。

「ありがとう」と

人生で悔しさという思いを教えてくれてありがとうと伝えたいです。

それだけで僕は嬉しいです。

おっと、もうこんな文字数か。

長いセリフは嫌いなので、ここら辺でお開きにします。

またどこかで逢う日まで・・・Bye(´・∀・)/