稽古日誌

稽古日誌2019年11月27日パート②

藤子 真帆

プライベートで、「武士を名乗っているチワワ」と言われました。

久々に、語り入れます。

本日は、滞在出来た時間は短かったのですが、どの場面も更に素敵になっていました。

「小手先で・・・」って、帳尻を合わせようとしているのだと思いました。

我ながらナイス気づき、そのぶん痛い。。

ちかごろ、フィードバックを伝える練習をしています。

練習と書きましたが、真剣に観て真剣に伝えています。

更なる高みの皆さん演じる場面を観たいし、自分が演じる際の「自分を客観視」にも繋がるのではないかと考えています。

事実、場面を演じていた自分の状態を徐々に自覚できるようになってきました。

ですが・・・。

本日は、2回観て頂きました。

「足を引っ張ってしまったッ・・」と思いましたし、口にも出してしまいました。

それは、思っても、場を考えれば言わない方がよかったものだと後悔しました。

1回目の際、演じている最中に自分の手の動きが気になった事を皮切りに、反省し続けてしまいました。

「あ、やっちゃったな」という時は、もういっそのこと、そのまま堂々とやりきった方がいい気がしました。

演技中には、その瞬間から反省し続けている方が、全てにおいて悪影響であるように感じたからです。

まずは、「やっちゃ」わないようコンディションを整えられる自分で居たいです。

2回目の際、まだ指摘事項はありましたが、1回目よりは良くなっていたとの事でした。

正直、少し嬉しかったです。

「聞いて→検討をつけて→やってみて→確認する」のサイクルに、わたしは時間がかかるタイプなので、それを少しずつでも早められるよう、勘所が良くなってきているのだと感じたからです。

それには恐らく、徐々に育っている、自覚意識が関係しているのだと思います。

「改善する」

って、わたしにとっては罠を含んだ言葉でした。

ある方に、「真帆はメンタルと演技が直結する」と言われていて、何となく自覚もあるのですが。

例えば、そういう事を言われた際に、「はっ!!!直さなきゃ!!!改善いたします!!!」と思っていたんです。

そして、改善する方向に努力していたんです。

ですが、一向に改善されないッ。(得意の)焦るッ。

他にも色々指摘して頂ける・・・「直します!改善します!」・・・・で、できない・・・焦る。

演技中に不要な「余計な考え」の材料が、たくさん増えていっていました。

この事も、そう言えば以前から言われていた・・シリーズなのですが。

わたしの場合、「改善」に意識を注ぐよりも、上記の例だと「わたしは、メンタルが演技に直結する」のだという事を受け容れればよい、というか受け容れる事こそが必要なのでは?・・・!

と、突然腑に落ちました。

受け容れてこそ、「メンタルが直結するわたし、としての対策は」と考えられるのではと。

しかも、指摘して頂ける際、「改善してね」とは基本的に言われないのですよ。

なんて不毛な独り相撲。

腑に落ちると、どんどん意識に昇ってくる、わたしが受け入れてこなかった証拠たち。

褒め言葉?も然り。とにかく、何が来ても打ち返してしまっていました。

引き続き、そう言えば以前に言われていたシリーズですが、

いま、わたしには「何が出来ていて。何が出来ていないのか。」の棚卸が必要な気が、とてもしています。

「長期的でいいから。」と頂いている課題に、この事も大いに関係するとも感じています。

それで、芋づる式に気づいた?改めて自覚した?ことがあります。

何度か自分でも書いていますが、わたしは「短期間でグッッッと集中して、ガッッッとやるし、やりたい」ひとなんです。

それを自覚しているから、さまざまなことを、このやり方にアレンジして、実行してきていました。

でも、演劇はそうはいかない・・・!

もう、自分で悶絶しながら書きますが。。。

わたし自身の本質的な課題は、

『落ち着いて。腰を据えて。長期的スパンで。』

ですね。です・・・。

自分で、自分の課題を的確に言い当ててしまった。

的を射すぎて辛い。

わたしから抜けているのは、そちら側のことでした。

そう言えば、どなたからも、ただの一度も、「次回までに是正してね」「~までに是正してね」と言われた事がありません・・・。

それなのに、先述の性質から、「次回までに、改善します!しなきゃですね!!」と注力していました。

今思い出しましたが、数か月前のブログでも、「次回、直っていなければ怠慢ですよね」みたいな事を書いていましたね。

「長期的でいいから」と頂いている課題について、自分の考えている方向でおかしくないかすり合わせをしていただいたのですが、帰宅後、さらに、「どういう事を求められているか」が判りました。

ですがッ・・・。

これにも、ちかごろ頭を悩まされているのですが。

ゴールも把握した。自分の課題も把握した。

けれど、その二つをどう結び付けるかが判りません。

自分の課題の改善を携えて演技に入ってしまうと、「持ち込み」になってしまいます。

把握したゴールを目指して演じてしまうと、「やろうとしている」になりかねません。

この二つをどう結び付けるのでしょうか。

全て、わたし自身の中で起こっている事だから、いざ演じる時には「その場に居る」だけで、自然と調和するものなのでしょうか。

とにかく、帳尻を合わせようとせず、落ち着いて、腰を据えて、長期スパンで、視野を広めて、取り組んでいきたいと思います。

ご指摘いただいた、目の前の課題にも。

月瀬 幸

ちゃんゆきです。

最近嬉しいことは、チャリで行く稽古の帰りに

いつもは1人だったのに、1人だったのに!

がわちがほぼ地元一緒で地元まで一緒に

帰れることです♡

もうすぐそこ我が家だけど?

もはや泊まって帰る?

くらいの距離まで一緒に帰りました。

チャリ友がいると嬉しい。

まだまだ募集中!

さてお稽古!

ちょうど1週間ぶりでした。

稽古に行ってない間は

インコ相手にセリフ喋ってました。

(まあ、相槌のタイミングは最低最悪、

  ナチュラルに無視、など難はありましたが)

(もちろん家族に見られたら恥ずかしいから

  家に1人のときにね)

久々にちゃんと相手役のゆきぽよさんとやって

アァ~久々すぎる~~…

で、まあ皆さんの前でやったものは、ねぇ、

納得のいかないものでしたが。

でもね!その後1対1お付き合いいただいて!

なんとなく、いや結構分かった気がする。

どうやればいいのか!

おりょうさんにもアドバイス頂いたし、

私の役の大事なところが分かった気がする。

あともう一回ちゃんと台本読もう。

インコ、

お前との練習は暫く必要無いようだ!

大川 朝也

大川と申します。

髪の毛が伸びてきました。

頑張れば自分で自分の前髪ぺろぺろできます。

やらねーけども。

さて本日もシーン稽古。

いつもより長めにシーンを繰り返して見てました。

その後、相手役の人と僕が指摘したところを隅に避けていただいて話し合ってもらう。

少し岬ちゃんには無茶振りした感はあるけど、相手役の練習を見るのもこれまた一つの稽古だと思います。もちろんそれは他の人も同様。

掘り出したてホヤホヤの課題を、二人でどう扱うか。惜しまれるのは時間の都合上その後もう一度見せてもらえなかったことです。次回のお楽しみにとっておきます。

アンサンブルの皆さんのお稽古も、時間の都合で見れなかった。誠に申し訳ない気持ちです。

皆さんが家で向き合ってきたものも次回のお稽古で見せていただけることを楽しみにしてます。

そうそう。

僕も僕でお凉からダメ出しをもらいました。

「自信がなさそう」

おお・・・ありますねぇ・・・

気をつけてはいたんですが見破られてしまいました・・・

どんだけ勉強しても「人に伝える」時は自信がなくなってしまう。

でもそれだとお互いのためにならないから、堂々と。自分を信じる。

自己肯定感は低い方なので自己肯定感は上げる的な本を本屋さんで見かけてチェックしてます。

自分を大切にできない奴は他人も大切にできないと僕の大好きな次元大介も言ってました。

僕も課題だらけです。

ふう!頑張ります!!

押忍!

田口 潤

真実はいつもひとつ!

どっかの眼鏡かけた子供が言ってました。

『この世は全て、本質的には1つしか存在しないというのは事実だろう。ただし、1つの出来事を語る視点には複数のものがあるというのもたった1つの真実である。』  らしいです。 いや、どうゆうこと?

確かに物事の本質は一つなのかもしれない。

でも、こと演劇に関してはそんな事はない。

なんなら、真実も虚偽も正解も不正解も

定かではない。強いて言えば、演出家に求められたものがその時においての真実なのかな。

僕はいつも稽古に臨む時に、今日はこんな感じでやってみよう。次はこんな感じでやってみようと考えてはいるんですが、結局いつも通りの自分の演技になってしまいます。自分っぽさが抜けない。

原因が分かってはいるんですが、一度はまって

しまうとなかなか抜け出せない。

そんな中、今回の稽古では少しは光が見えた気が

します。

もちろんまだまだですし、納得も全然出来て

ません。

集中しきれてないことも、台詞を追って会話してるのも自覚しています。

でも自分っぽさの演技からは少しは抜け出せた気がします。

きっと答えなんて何百何千通りもあって表現出来ることなんてたくさんあります。

少しでも自分の引き出しを増やして、その時々に

対応できる役者になりたいです。

本番まで3週間弱、新しい演技が出せるように

精進していきます。

PS.僕は金田一派です。

今度熱弁します。