稽古日誌

稽古日誌2019年10月21日

大川 朝也

本番が終わった翌日に早速お稽古です。

稽古に来ていた人それぞれの感想や今の気持ちを聞いたりしました。

半数くらいは打ち上げで帰りが遅かったみたいで眠い眠い言うてました(笑)

僕としては本番はとても楽しく、思いっきりできたと思います。

ただ、やはり気になるのは稽古でのこと。

もっと早く自分の状態に気づいていれば・・・なんて思っちゃいます。

今回、Bチームは演出含め半数が演劇未経験で、経験者も久し振りに舞台に立つって人がいた。

そんな中、役者で演出助手の俺が頑張らねば!まずは自分だ!と意気込んで、力入りすぎて、結局支えられる側になっちゃっていました。

あぁ、情けない。

演劇をする上で最も大切な「一緒に進む」という意識を失念していました。

やっぱり僕はまだまだ未熟です。そのことを思い知らされる結果となってしまいました。

Bのみんなごめんね。でも、楽しかったことも沢山あって本当にありがとうございました。

僕の場合、まずは知識より意識改革をしなければならないようです。

次回公演、僕は出ません

今回の公演でできなかった分、みんなをサポートしていきたいと思います。

またここから!

頑張るぞ!!

そしてもう一つ。

劇団さあもんに新たなメンバーが!

まだまだ沢山応募がきているようです・・・!

鮭繁殖期再び!

またより一層層を厚くして、劇団さあもんは大海原を突き進みます!

よろしくお願い致します!!

桜田 燐

ザブングル桜田です。今日からってわけじゃありませんがザブングルしてます。(?)

何でね、こうね、終わってからしか気づけないんかねっていう、自分自身にスーパーザブングルタイムのフィーバーなうです。ぷよぷよだったら、フィーバータイム入れば勝ったも同然のはずなんですけど同じフィーバーでもこっちは加藤さんのほうでした。

頭の中がメリークリスマスしてます。思えば、私の過ごした十二月は常にメリー苦しみますでした。これはJKの時に界隈で話してた言葉です。知らないか・・・。

少なくとも私は追い込んだ方がいいタイプの人間でした。

藤子真帆

ふふふ。

次回、12月15日に京都にて行う公演の台本を頂きました。

手前味噌ですが、聡生主催の書いてくれた台本、新作も面白いです!

昨日あんなにボウゼンとしていたのが嘘のように、またエネルギーが湧いてきました。

本日も、23名めの鮭戦士が加わったように、鮭の繁殖率が凄まじいこともあり、

狙っている役を頂けるかどうかは判りませんが、

早くも色々と考えてワクワクしています。

本日のお稽古は、久しぶりに、ストレッチを入念にしたりエチュード三昧でした。

久々のエチュードに、戸惑ったり納得がいかなかったりもしましたが、とても楽しかったです。

改めて、エチュードと台本を演じるのとでは、楽しさの種類が違うなぁと感じました。

ただ、もう、わたしはあの時の真帆ではないのです。

公演を経験する前の感覚とは、違う感覚で本日のお稽古に臨んでいました。無意識に。

以前は、正直にいうと自己表現できることが楽しかっただけでしたが、

本日は、こういうお稽古が、いざ公演の際に役立つのだと実感しながら参加していました。

更に正直に言うと、そうは言ってもめちゃくちゃ楽しんだ日でした。

早く、あの役をやりたいなぁ・・・☆