稽古日誌

稽古日誌2019年9月18日その③

大川 朝也

遂に通し稽古です。
セリフを思いっきりぶっ飛ばしはしましたが時間も測りました。

やはり通すと新たな発見や起こる気持ちが違いますね。

まだまだ地に足が着いてないところも多かったと指摘を受けもっと本の深掘りをしないとと思ってたらそういさんから台本の裏設定(?)についてのご説明。

晴天の霹靂とはこのことです。
あんま意味知らないですけど。

ふわってしてたところが一気に繋がりました。
「チェーホフかよ!」「あはは」みたいなこと言ってました。

大量の情報が入ってくると人は疲れる。
処理落ちする。しました。

ただ改めて面白い、そしてやりがいのある台本やなと感じました。

辻合 直澄

初めて通しでの稽古をしましたが自分自身セリフ覚えてるとこ覚えてないとこがありました。通しとなるとやはり緊張感がありましたが、楽しかったです。どんどん通しで練習したいです!パートごとに練習していたときよりも自分の役の意味を理解できました。あとはもっと精度を高めてセリフをつめていきます!

藤子 真帆

優しい世界であってほしい。
これまでは、優しさと強さを併せ持つことができなかった。

矜恃。

武士でなくても、男性でなくても、女性こそ
今こそ、矜恃を。

それが、優しい世界の為に強さを発揮するためのカギになると思うから。

わたしがお仕事を教える際には、業界の事→会社の事→部署の事→担当していただくお仕事→そのお仕事の先→他部署との兼ね合い→関わるだろう方々の人となりをお伝えしています。

前日に突然、「そういう事??」と閃きました。
閃いた後に、「あ、いつかのお稽古でそうおっしゃていた気がするな」と思い出しましたが。。
何にせよ、聡生主催が近頃仰ってくれることって、枝葉の部分なのだと思ったのです。
わたしが閃いたつもりの、本質がそもそもあって、それを叶えるための様々なご指摘なのです。(とわたしは思っています)

ショートケーキは、イチゴもスポンジも生クリームも、「ショートケーキ」を構成する要素です。
聡生さんは、「ショートケーキ」を構成するべく、イチゴの側面・・などを伝えてくれている。
そう思ったら、何だかスッキリしたのです。

わたしは、あくまで現時点で個人的に思う事ですが、
「ショートケーキを構成するためにどうしよう?」と考えることの方が、向いているタイプな気がするのです。
少なくとも、「ショートケーキを構成するための」イチゴの側面であり、スポンジの側面であり・・と捉えている状態でアドバイスを頂く方が、向き合い方が効果的になる気がしています。
何度も書きますが、わたしの視野は本当に狭いので、そういう意識がないと、「イチゴってどうしたらいいの・・・イチゴ・・・黒のツブツブを無くせたらいいのかしら。。ヘタをピンク色にしたらいいのかしら。。」なんて、脱線したり、この枝葉の部分を「手段」ではなく「目的」にすり替えてしまうのです。

本日は、人生で初めての通し稽古をしました。
すごく楽しかったです。
それが演技に結びついていなければ残念ですが、個人的には通し稽古の方が、皆さんの演技を見た流れで自分の出番を迎えるので、演じやすいと感じました。

特大の課題には鋭意向き合い中です。

それとは別に、自分の中に「何か」がある気がして。
ちょっとまだ、全ては言いたくないので、判りづらい書き方になりますが。
お稽古中、フワフワする時があるのです。
それは、集中力が切れた、などではなく、「逃避」の感覚。
わたし、「何か」から逃げている気がしているんです。

ずっと、「それは何だろう」と考えていたのですが、ようやく今、仮の答えが出ました。
「責任」です。
わたしは、役者さんとしてある事に対する「責任」を負う事を躊躇しています。
作品の責任は、脚本家さんや演出さんが取ってくださるものであることを、初期のお稽古で教えて頂きました。
所属する組織・参加する作品によって、その度合いは変わってくるのだろうとは思いますが、役者さんにもとある「責任」が必要なのだと気づきました。

わたしは人一倍臆病だから、これまでの人生「責任」を取らずに済む立場を選び続けて生きてきて。
今、正直躊躇しています。ドキドキ。不安とワクワク。
時間はないのだけれど、出来るだけもう少し躊躇したい。

何故ならそれは、わたしがある事を「決めていない」事に原因があるから。
これは、人間としてのわたしのほう。

—————-

いつも、ブログを書くのに1時間以上かかっていて、書き終わると丑三つ時になっているので、提出は翌日にしています。

一夜明けてみて、「責任」というよりも、「覚悟」と言うほうが適切かなぁと思いました。

まだ誰も、わたしにはそこまでを求めていないのかもしれないけれど、演劇へのあんなにもの愛を、まざまざと感じさせられていると、やはり誠意を見せたいと思います。

それに、今のわたしはアンバランス。
どこかが突出すると、どこかが取り残されてしまう。
三位一体でなければ、チカラは出せないのよ。

さて、なんだかガチっぽい内容になってしまいましたので、突然ですが自慢させて下さい。
描いたフライヤーや、お花の絵が皆さんに好評でした☆
わたしは、感性を褒めてもらえるとすっごく嬉しいです♪